• ホーム
  • 髪がベタベタする原因と対処法をご紹介!

髪がベタベタする原因と対処法をご紹介!

髪が薄い男性

頭皮に皮脂が過剰にある状態が続くと、抜け毛を招くことがあります。
これは、過剰な皮脂が毛穴に詰まったり、皮脂をエサとして雑菌が繁殖したりして、頭髪の正常な成長を阻害することがあるためです。
余分な皮脂を頭皮に残さないためには、しっかり洗うことが不可欠でしょう。
しかし、きちんと洗髪してるのにも関わらず、髪がベタベタすることがあります。
その場合は、いくつかの原因が考えられます。

まず考えられるのが、シャンプーでしっかり汚れが落とせていないことです。
髪をさっと濡らしてシャンプー液をつけてざっと洗い、シャワーで流すというような洗い方をしてはいけません。
洗髪前には丁寧にブラシで梳かして頭皮の汚れを浮き上がらせ、シャワーのお湯でしっかり予洗いをしましょう。
これだけでも頭皮や髪の汚れをかなり落とせます。シャンプーはしっかり泡立ててから、その泡で頭皮を丁寧に洗い、すみずみまで流すようにしましょう。

また、洗浄力が強いシャンプーを使っていることがベタベタの原因のケースもあります。
洗浄力が強ければべたつきもすっきり落とせますが、同時に潤いも失いやすくなるため、肌の乾燥につながります。
肌は過度に乾燥すると潤い不足を補おうとして皮脂を過剰に分泌することがあり、これがべたつきにつながるのです。
洗ったあとはすっきりしてべたつかないにも関わらず、しばらくしてベタベタするようになる場合は、シャンプーを見直す必要があります。
洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーなどを使うようにすると良いでしょう。

頭皮のべたつきは、食生活も影響します。
唐揚げやフライなどの揚げ物ばかり食べていたり、甘い物ばかり食べていたりしてはいけません。
糖質や脂質を大量に摂取する食生活を続けていると、皮脂の分泌量が増えてます。食生活を見直し、栄養バランスのとれた食生活をすることが必要です。

ホルモンバランスの乱れも、皮脂の分泌量に影響します。
これは、男性ホルモンのアンドロゲンに皮脂の分泌を促す働きがあるためです。
ホルモンバランスが崩れてアンドロゲンの分泌が増えると、皮脂量も増えます。

なお、男性だけではなく、女性にも男性ホルモンは存在します。
加齢や睡眠不足、ストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌が減少すると、相対的に男性ホルモンが優勢となり、皮脂の分泌量も増えますので注意しましょう。
ホルモンバランスを整えるためには、良質な睡眠を充分にとる、規則正しい生活を送る、ストレスは適度に発散するなどの対策が必要です。