• ホーム
  • 薄毛治療薬「プロペシア」について解説!

薄毛治療薬「プロペシア」について解説!

脱毛を気にする男性

AGAの治療薬としてもっとも幅広く使われている医薬品は、プロペシアを主成分とするフィナステリドです。
米国メルク社が開発し、現在はAGAの進行を止める効果があるとして世界60カ国で承認されています。
日本でも、2005年に販売が承認され、薄毛治療薬として国内で販売されるようになりました。

プロペシアの主な効果は、5α-リダクターゼの働きを阻害することです。
AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼによって変性し、DHT(ジヒドロテストステロン)になることによって発症します。

髪には、成長期・退行期・休止期と呼ばれるヘアサイクルがあり、生えて伸び、やがて抜け落ちるという周期を繰り返しています。
ところが、DHTが髪の毛根にある毛乳頭と呼ばれる部分の受容体と結合すると、成長期の髪の毛に退行期や休止期に移行するように指令を発令してしまうのです。
すると、正常なヘアサイクルが乱されてしまい、成長期の髪が抜けたり退行期の細い髪の毛が増えたりします。
その結果、部分的に薄毛になったり、全体のボリュームが減ったりしてしまうのです。

プロペシアを主成分とするフィナステリドを服用すると、5α-リダクターゼの働きを阻害し、男性ホルモンからDHTが生成されるのを防ぎます。
その結果、髪の毛が本来の成長期間の途中で抜け落ちることがなくなり、しっかり太く成長するようになり、AGAの進行を止められるのです。
また、休止期にある髪の毛もやがて成長期初期に移行して生えてくるようになります。
その結果、AGAによって失った髪の毛のボリュームが回復できるのです。

プロペシアを服用しても即効性はありません。根気強く服用を続けることが必要です。
治療の効果が現れるまでには、最低でもおおよそ6カ月程度はかかるでしょう。
この期間は、治療開始時点の頭髪の状態や本人の食生活、習慣などによって異なります。
もっと遅く、1年程度かかるケースもあります。諦めず、継続して治療を受けることが大切です。

なお、プロペシアは男性のAGAの治療に用いられる医薬品です。
円形脱毛症や脂漏性脱毛症などには適用されません。
また、女性にも処方されることはありません。
特に、妊娠中や授乳中の女性はプロペシアを服用することは禁じられています。
これは、女性が男性の胎児を妊娠している場合、プロペシアに触れることによって胎児の生殖器官などの発育に影響を及ぼす恐れがあるためです。