• ホーム
  • 薄毛の相談は病院?それともクリニック?

薄毛の相談は病院?それともクリニック?

櫛で髪を梳かしている男性

進行性の脱毛症であるAGAは放置して自然に治癒することはありません。
薄毛を改善したいなら、受診して適切な治療を受ける必要があります。
また、AGA以外の抜け毛も、早い段階で病院を受診して治療を受ければ良い方向に代わる可能性が高いです。

しかし、薄毛は何科を受診すれば良いかよくわからないという人もいるでしょう。
薄毛や脱毛は、病院の皮膚科でも相談できますし、美容皮膚科や美容外科でも対応しています。
また、AGAの場合はAGA専門クリニックに相談するのも良いでしょう。
女性の薄毛を専門とするクリニックもあります。

いずれの場合も、基本的に治療は保険適用外となります。
保険が適用されませんので、費用は高くなる傾向にあります。
しかし、専門医による治療は効果が期待できますので、高い費用をかけても受ける価値はあるでしょう。

病院の皮膚科でも専門医のいるクリニックでも、基本となる治療方法には大きな違いはありません。
初回のカウンセリングで頭髪を診察し、効果を判定するために写真撮影を行うことが一般的です。
そして、ひとりひとりの状態に応じて、内服薬や外用薬の処方が行われます。

内服薬は、発毛効果があると認められているフィナステリドを主成分とするプロペシアや、デュタステリドを主成分とするサガーロなどが一般的でしょう。
特にデュタステリドはプロペシアよりも強い効果があるとして注目されています。
外用薬は、ミノキシジルが配合されたリアップなどがよく処方されます。
病院によって異なりますが、基本的に1カ月に1度のペースで受診して、状態を確認し、処方の内容を調整します。

AGA専門クリニックでも、治療の中心となるのは薬物療法です。専門医がひとりひとりの症状に合わせて最適な治療プランをたて、必要な薬の種類を組み合わせて処方していきます。
また、内服薬・外用薬治療だけではなく、成長因子を頭皮に直接投与して発毛を促す育毛メソセラピーやHARG治療法などを採り入れているところも多いです。

なお、薄毛を改善するためには、継続して治療を受ける必要があります。
期間は人によって異なりますが、6カ月~1年ほどかかることが一般的です。
しかし、仕事で忙しいなどの理由から毎月通うのが難しい人もいるでしょう。

AGA専門クリニックのなかには、初回のみ直接受診すれば、あとは遠隔診療が可能なところもあります。
これは、スマートフォンのアプリなどを使って頭皮の状態を送信して診察を受けるというものです。
処方された薬は郵送で送られてきます。多忙な人でも少ない負担で継続して診療を続けることができるでしょう。